埋没法について

二重まぶた

二重まぶたにする整形手術の中でも、最も手軽に行うことが出来るのは「埋没法」です。
埋没法は切開を行なわずに二重まぶたにする手術です。

埋没法は、髪の毛程度の細い糸を二重まぶたのラインにするラインに縫います。まぶたを裏返した状態で縫いますので表面に塗った痕が目立ちません。二重にしたいラインに2点止める2針固定が一般的な手術方法です。
特別、まぶたの脂肪が多いということでなければ埋没法が行なわれます。しかし、目の形状やまぶたの脂肪量によっては埋没法でなく、切開法が行なわれることもあります。
一度手術を行うことで、1~2年程度効果が持続します。効果がなくなってからも1~2年二重のラインを保っていたことで、二重が持続するケースもあります。元に戻そうと思えば戻すことが出来るので、自由に二重の幅を変えることが出来ますし、整形に対して抵抗があった人でも行いやすいです。

埋没法に向いている人は、二重まぶた手術を経験してみたい、整形はしてみたいけど不安、後悔するのではないかと不安といった人におすすめです。
埋没法は整形手術ですが、「一生」ではありません。手術をしたものの、やっぱり今までの自分が良いと思えば戻ることができるので、手術に踏み切れないといった人にも手軽に出来る手術です。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.